治療効果は半永久的?インプラントの心がまえ

インプラントの歴史

歴史は、実はとても古く紀元前から作られていると言われています。
1931年には中南米のホンジュラスで紀元600年のインプラントがされた下顎の骨が見つかりました。
この顎の骨には貝殻で作られた歯が埋め込まれていたのです。
しかし、きっと貝殻のインプラントは骨の中では安定していなかったでしょう。
他にも鉄や金、エメラルド、サファイヤ、ステンレス、アルミニウムなど様々なものが試されましたが、全て満足のいく結果はでませんでした。
長期にわたり安定し、自身の歯と同じように噛めるインプラントができたのは最近のことです。
それは、インプラントと骨の結合が難しかったからです。
そのようなインプラントの歴史に革命をもたらしたのは、ある研究者が生み出したチタン製のインプラントです。
1952年、スウェーデンの科学者が研究のためにウサギの骨にチタン製の器具を埋め込み、研究終了後にその器具を取り外そうとした時のことです。
器具の骨がくっついて取り外すことができなかったのです。
これは今まで使用していたステンレス製の器具ではありえないことで、この科学者はチタンが骨に結合すると考えたのです。
その後も実験が続けられ、チタンは硬組織に対しても軟組織に対しても親和性が高い金属であると証明されたのです。
そして1965年に本格的に人間への臨床応用が開始されました。
最初の患者は、治療後40年近く当時のインプラントを使用しました。
現在、20年累積残存データによって、1983年から85年にかけての治療の報告で、上顎の残存が90%、下顎の残存が92%というものがあり、10年以上のデータでは96%、5年以上だと98%以上と報告されています。
チタンは骨と結合し、長期の安定が可能な素材として現在もっとも使用されているインプラントです。


Copyright(c) 2017 治療効果は半永久的?インプラントの心がまえ All Rights Reserved.